リデュースの有効成分って?

リデュースの有効成分って?

リデュースは様々な種類がある食欲を抑制する薬剤の中でも塩酸シブトラミンを有効成分として配合している薬剤で、食欲を抑制する薬剤の中でもとても利用者が多く非常に人気がある薬剤としても有名です。

リデュースは欧米で先行して販売されていた塩酸シブトラミンを有効成分とする食欲抑制薬のジェネリック医薬品になります。

これまでの食欲を抑制する薬剤は副作用として原発性高脂血症を引き起こしてしまう危険性が心配されていたのですが、リデュースは原発性高脂血症を発症するリスクがとても少ないという特徴があります。

そのためにこれまでどおりの食欲を抑制する作用を得られるだけでなく高い安全性があるということで他の塩酸シブトラミンを有効成分とする食欲抑制薬と比較しても引けをとらない人気があります。

リデュースを利用して食欲が抑制される仕組みとしては有効成分となる塩酸ジブトラミンの働きによりセロトニンが身体に与える作用を制御することが可能になります。

セロトニンの作用を制御すると食欲が抑えられることに結びつくことになります。そしてノルアドレナリンにも作用することになるため食事を制限することによって感じるイライラした気持ちを抑えることができるようになります。

これはノルアドレナリンにストレスに対して順応する働きがあるためです。またノルアドレナリンが身体に作用することによって運動することに対してのモチベーションが上がり筋力トレーニングを積極的に行うことができるようになります。

そのことによって基礎代謝量を上昇させることが可能になり脂肪を燃焼させることができるようになります。そのためリデュースは運動をして痩せたいがなかなかモチベーションが上がらずダイエットができないといった方に適しているということになります。

塩酸シブトラミンはまれにではありますが血圧や心拍数が上昇したり肺高血圧症を引き起こしたりする危険性があることから循環器系の器官に疾患を抱えている人が服用するのには注意する必要があるので、心配な場合は医師などに相談することをおすすめします。

塩酸シブトラミンが有効成分となっている食欲を抑制する薬剤はセロトニンを分解する働きを妨げるような作用がある医薬品と一緒に服用するのは禁じられています。

しかしそのような医薬品と併用して服用しないというルールを守りさえしていれば特に問題なく服用することができる高い安全性がある薬剤となっています。